なぜ?無利息でお金を借りることができるのか

貸金業法の改正などによって、基本的に借りる人に一定の収入が無ければ借りることが難しくなり、また、借りれる金額もその人の編集の3分の1までと規制が厳しくなりました。

これにより今まで借りることができていた、専業主婦などの多くがなかなか借りることができなくなってしまったのです。業者によっては世帯収入(家族の中で働いている人の総収入)がしっかりしていれば、専業主婦などにも金銭を貸す業者もありますが、そういった業者のほとんどは、家族に同意の上で借りることが条件となっていることが多いです。

そのような背景から、実際貸金業者からお金を借りれる人が少なくなってきています。そこで、貸金業者も顧客を増やすために、一定期間無利息期間を設けて、サービスを行っているのです。

もちろん、無利息期間があるからといって貸付条件には何も変わりは無いため、収入が安定しない人や無職の人は審査の段階で引っかかってしまうので借りることはできません。


9ceeb88b09569e687c875cca2d7081ad_s

無利息で有効にお金を借りる方法

せっかく貸金業者も無利息という期間を設けてくれているのですから、この無利息の期間を有効に生かしてお金を借りましょう。まずは自分が借りようとしている業者が、無利息期間があるかどうかを調べます。

無利息期間がある場合は、無利息の開始期間が位置からになるのかもチェックします。業者の中には、契約を結んだ日が無利息期間の開始日になる場合と、初回にお金を借りた日から無利息期間が開始される場合があるので注意してください。

そして、無利息期間がある業者から借りる一番賢い方法は、祭典ゲンだけ借りて、無利息期間中に返済してしまうことです。もちろん消費者金融や銀行のローンなどですから、無利息期間が終了すれば、返済できなかった分の金額に利息が付いていきます。

しかし、無利息期間中に全額返済できれば、借りた金額を返すだけでよいのです。業者の中には無利息期間を設けた分、無利息期間が終了した後の金利が他の業者より高くなることもあります。

無利息でお金を貸す業者も増えてきていますので、無利息サービスの適応条件や、仕組みをしっかりとチェックした上で、計画的に利用するようにしましょう。