無利息でお金を借りるならここ!!

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

給料日まであと少しなのに、手持ちのお金がなくなってしまった。どうしても欲しいものがあるのに資金が足りない、今月は給料日まで余裕で生活できると思っていたのに、結婚式やお葬式などが重なり、生活費が足りなくなってしまったなど、日常生活の中でちょっとお金に困るシーンはたくさんあります。

困っている多くの人たちが利用しているのが、クレジットカードや各種ローンカードなどです。必要なときに必要な分だけ利用することができるため、給料日やボーナスが支給されるまでの補助的な役割を果たしています。

近年では大手の貸金業者なども、一定期間無利息で貸付を行なうところが増えてきました。それにより、収入が入ってくるのが無利息期間中であれば、元金だけ返却すればいい事になり、大変便利な制度です。

お金を無利息で借りたい場合、どのようなところから借りれば良いのでしょうか。

無利息でお金を借りるならここがお勧め

貸し金業者によっても異なりますが、大手の比較的名の知られている業者は、期間限定で無利息期間を設けているところがあります。中には、条件こそありますが、30日間や少ない金額であれば180日間も無利息でお金を貸してくれるところもあります。

ここで注意したいのは、無利息期間が過ぎてしまうと当然のことながらその時点から利息は発生します。無利息期間中までに全額返済できるのであれば返却するのは元金だけでいいのですが、無利息期間中に一部しか返済できない場合は、残りの金額に利息が付いていきますので注意してください。

また、無利息の期間の開始日にも注意が必要です。無利息期間は、契約が成立した日から開始される場合と、初回の利用時から開始される場合があります。

契約日から無利息期間が開始される場合は、実際お金を借りないうちにどんどん無利息の期間は減っていきます。そのため、契約日から開始される場合には、お金を借りようと考えている数日前に契約をしておくと、無利息期間を無駄にすることがありません。

お金を借りるというと貸金業者のイメージが強いですが、貸金業者でなくても一時的に生活に困っている人たちにお金を貸してくれるところがあります。

それは、住んでいる地域の市区町村の社会福祉協議会です。社会福祉協議会の中には生活福祉資金貸付事業という業務があり、ここで生活に困っている人たちに無利息で一時的に貸付を行っています。

貸付に対する収入面での条件や、貸付する内容など細かく決められていますが、社会福祉協議会での貸付制度は返すまで無利息であるため、金欠などで生活資金などに困ったときには、貸金業者より先に相談してみるのがお勧めです。

無利息でお金を借りるときの注意事項

給料日まであと少しなのに、生活資金が足りなくなってしまった。そんな経験を持つ人も多いです。普段からしっかり預貯金していれば預貯金から生活費へまわすことができますが、貯金が無い人は困ってしまいます。

そんなときに強い味方になるのが消費者金融や銀行のローン、クレジットカードなどです。クレジットカードはお金を借りるためのカードではありませんが、買い物などで資金が足りないときには非常に役に立ちます。しかし、次の支払日から高額な金利が付きます。

それに比べ、消費者金融や銀行のローンは、直接お金を借りることができるほか、一定期間無利息で借りることのできるところもあります。

お金を借りれるところはそこばかりではありません。無利息でお金を貸してくれるところから賢く借りて賢く返すにはどうしたらいいのでしょうか。

302a9b4f67d44f5a533c66fef9422653_s

無利息でお金を借りるときに留意すべき点

今は消費者金融や銀行系のローンでも一定期間無利息で貸付を行うところが増えてきています。無利息期間に全額返せる事ができれば、借りた金額だけを返せば良いだけなので気楽に借り入れができます。

しかし、ここで注意したいのは、業者によって無利息期間の開始日に若干の違いがあることです。契約を交わした日から無利息期間が開始される場合と、初回の借り入れから無利息期間が開始される場合があります。

契約日から開始される場合、実際にお金を借りたときには無利息期間が既に短くなっていたということがあるため、注意しましょう。

貸金業者からお金を借りるのにはどうしても抵抗があるという場合には、社会福祉協議会で行っている生活福祉資金貸付制度という制度があります。

世帯収入を元に、貸付を受ける事ができ、返済するまで無利息です。しかし、貸付には世帯収入などいくつかの条件があるほか、カードローンなどのように即日借りられるわけでなく、審査に非常に時間がかかります。また、世帯収入が低いのに高額な貸付などは行っていません。

たとえ無利息であっても、お金を借りるという行為には変わりありません。貸付する側からすれば返してもらうのが原則になります。そのため、借りる側が無職であれば返済能力が無いとみなされ、借りようとしても審査の段階ではじかれてしまうことが多いです。

もしどうしても借りたいなら、パートやアルバイトでも良いので収入を得る仕事をしたほうが良いでしょう。

なぜ?無利息でお金を借りることができるのか

貸金業法の改正などによって、基本的に借りる人に一定の収入が無ければ借りることが難しくなり、また、借りれる金額もその人の編 […]

続きを読む